3つのトレードスタイル

取引頻度による分類

ライブ型

損益の出方をいつでも自由に変えられるので、積極的にリスクをとることができます。

9スタイル

セミライブ型

自由度の高い自営業や日中も定期的に相場を確認できるサラリーマンなどの兼業投資家のスタイルです。

4スタイル

タイミング型

相場を断続的にモニターしながら、タイミングを見て不定期に市場に参入スタイルです。

5スタイル

資金量 * リスク選好度 * 取引できる頻度

によってスタイルの大枠は決まります。

受講者向け参考書籍 「日経平均オプション入門」

cover2

本書の構成

  • 1-1 感応度の高いATM
    1-2 ATMストラドルをモニターする
    1-3 RSSを使ってマーケットモニターを自作する
    1-4 休日の時間価値

  • 2-1 オプションの絶対法則
    2-2 モデルを使わずに市場を観察する
    2-3 デルタ=到達確率
    2-4 期待値と収束
    2-5 自動順張り装置と自動逆張り装置
    2-6 わかりやすそうで実はわかりにくいセータ

  • 3-1 変化率の大きいOTMオプション
    3-2 コールとプットの特性の違い

  • 4-1 モデルの役割
    4-2 手軽なBSモデル
    4-3 最低限必要な数学の基礎知識
    4-4 2つの理論損益
    4-5 単純なモデルと複雑なモデル 
    4-6 モデル対職人

  • 5-1 ヒストリカルとインプライド
    5-2 日経平均のボラティリティ
    5-3 平均回帰
    5-4 重力の法則
    5-5 ボラティリティコーン
    5-6 過去チャート
    5-7 ボラティリティの分解と補間

  • 6-1 歪みを生む勢力
    6-2 歪みを正す勢力
    6-3 オプションを大量に売り買いする方法
    6-4 トレーダーとアルゴリズムの戦い

  • 7-1 ボラティリティ構造 
    7-2 BSモデルの扱い
    7-3 スキュー
    7-4 両端跳ね上がり
    7-5 日経VI
    7-6 ボラティリティの予測と観察
    7-7 戦時モードとあほボラ
    7-8 相場観だけではもったいない

  • 8-1 総合戦略
    8-2 エクセルの基礎知識
    8-3 評価とリスク管理
    8-3 損益線 
    8-4 グリーク

  • 9-1 ゼロコスト戦略
    9-2 損失限定型戦略
    8-3 レシオ系戦略
    8-4 ニュートラル系戦略

  • 10-1 ライブ型
    10-1-1 鞘取り専門(相対ボラトレ)型
    10-1-2 オールラウンド型(操作系) 
    10-1-3 デルタガンマ型
    10-1-4 直感重視積極型
    10-1-5 渡り鳥型
    10-1-5 先物主軸型
    10-1-6 先物代替型
    10-1-7 絶対ボラトレ型
    10-1-8 オプション複製型
    10-1-9 オプション複製型
    10-2 セミライブ型
    10-2-1 複線シナリオ型
    10-2-2 市場追随型
    10-2-3 レンジ捕獲型
    10-2-4 消去法型
    10-3 チャンス・タイミング待ち型
    10-3-1 放置型
    10-3-2 ヘッジ目的型
    10-3-3 一発狙い高レバレッジ型
    10-3-4 正常化過程狙い
    10-3-5 SQ勝負型

  • 1 初級者の関門
    1-1 オプションが難しい理由
    1-2 必勝法の誘惑
    1-3 オプション常識の罠
    1-4 証拠金の落とし穴
    1-5 生残れば明日がある
    2 中級者の関門
    2-1 総合戦略からのトップダウンルート
    2-2 スプレッドからのボトムアップルート
    3 ゴールを目指して
    4 オプションとは

 

オプション上級者への道

root

総合戦略ルート

最初はグリークを意識しながら、損益の振れをできるだけ抑えます。

オプション特性を理解するにつれ、徐々にリスクを増やしていくルートです。

最初のハードルは高いですが、成功率の高いルートです。

スプレッドルート

最初は損益限定型の戦略を使って、日経平均の水準やレンジ予測を主軸に勝負します。

ある程度損益の振れは生じますが、損益限定のメリットを活かすルートです。

オプション特性は経験を通じて身につけていきます。

 

頂上を目指すという目標がある限り、ふたつのルートは必ずどこかで交わります。

道中のポイントとなる要所勘所を、順次講座にしていきます。