損益線シート使い方コース

オプション取引を行う上で、エクセルは非常に強力なツールです。しかしながらオプション取引でどのようにエクセルを使えばよいか、というのは非常に難しい問題です。エクセルそのものがどの程度使えるかどうか、またオプションに関する知識がどの程度あるか、という2つのハードルがあるからです。

エクセルは、一般的なアプリケーションになってきています。実際、書店に行くとコンピュータ関係のコーナーではエクセルに関する書籍が一番スペースを取っています。初心者から上級者までいろいろなレベルの書籍がそろっています。毎年何冊もエクセルの本が出版されるということは、やはりそれだけ独学が難しく決定的な教科書ができていないという現状を反映しています。

習得が難しい理由の一つは、目的がはっきりと決めずに学習を始めることです。入力やファイルの保存、簡単な計算から始まって、簡単な初心者用のシートを作ってみる、というのが一般的です。そしてその後自分のやりたいことをやろうとすると手が止まる、というのも普通です。

この講座の目標

この講座ではオプション取引のために使えるシートを作る、使えることを目的に講座を進めていきます。皆さんには実際に手を動かして、エクセル上でオプションのプレミアムやグリークスを計算していただきます。ビデオを見て、テキストを読んで、わかった、と思うのではなく、必ず実際に手を動かして同じように操作してみることをお薦めします。

ファイルの保存などパソコンの最低限の知識はあるという前提にしています。エクセルについては初心者でも始められるように講座を進めていきます。ただし、本当にエクセルを触るのが初めての初心者がこの講座だけでエクセルを習得するのはさすがに難しいと思います。入力など基本的なところも扱っていますが、足りないと思えば他の本やインターネットでカバーをお願いします。ただし初心者のうちは、何を勉強すればよいかもわからないことが多いと思います。遠慮なく、メールで質問していただくか、早めにSkype での質問を使って学習を軌道に乗せてください。エクセル初心者の方のSkype 相談の回数については柔軟に対応しますので、難しいと感じたらぜひSkype を利用してください。

講座の内容の後半には、エクセル初心者には少し難しいものも含まれています。ひとつひとつ進んでいけばできないことはないので、まずは手を動かしてみましょう。やっているうちに慣れてくると思います。

オプションの知識について

エクセルでオプション取引をするための講座ですが、基本的なオプションの知識はある、ということを前提にしています。基本的な知識というのは、日経オプションの商品性(SQ や限月、行使価格など)、デルタ、ガンマ、セータなどの言葉の意味を知っているということです。金融工学の知識は必要ありません。エクセルに複雑な式を入力するところもあります。でも、その式を解いたり、その背景を理解している必要はありません。もしオプションに
ついて初心者で、デルタ、ガンマって何、というレベルであれば、この講座とは別にオプションの勉強が必要になります。

逆に言えば、そのくらいの言葉がわかっていればこの講座では十分です。現時点でオプション取引の勉強をしている方なら問題ないと思います。エクセルを使っていろいろ手を動かすことで、言葉としてのデルタなどの知識が自分で使える知識に変わっていくと思います。

講座の構成
 
1. エクセルの基本(入力、四則演算、2 乗やルート、コピー&貼り付け、
関数、置換、対数関数)
2. 配布用シートの使い方
3. ブラックショールズを使ってプレミアムと各種グリークスを計算
4. マーケットモニターを作ってみよう
 
1 ではエクセルに慣れていない方のためにエクセルの使い方とブラック
ショールズを使うための準備として普通は扱わない関数などを一通りやります。ある程度エクセルを使える方は、テキストを読んでみてわかるようであればビデオは必要ないと思います。
 
2 では匠のオプションで配布しているポジション管理用のエクセルシート
の使い方を説明します。このシートを使うと自分の持っているポジション、または自分が持とうと思っているポジションについて、現在からSQ 満期日まで損益がどのように変化していくか、ということをグラフにすることができます。また各種グリークスも計算できます。
 
3 ではブラックショールズの公式をエクセルに入力してシートを作ってい
きます。ここでは複雑な式を一つ一つ、少しずつエクセルに入力して最終的にコール、プットのプレミアム、デルタ、ガンマ、セータ、ベガを計算します。ルートや2 乗、対数関数や確率密度関数などを使いますが、ステップバイステップでシートを完成させます。これを自分の手で作ることで、式さえあればその式をエクセルに自分で入力して計算できるようになると思います。2 の配布用エクセルシートを使えばトレードは十分可能です。ですが、シートを拡張するときのためにも一度ブラックショールズからエクセルを作ってみるのは良い経験になると思います。
 
4 では楽天RSS を使って、ATM を中心に上下5 本程度の行使価格につい
て、それぞれの現在価格、デルタ、ガンマ、ベガ、セータを準リアルタイムで算出してみます。準リアルタイムと書いたのはパソコンの性能によるところもあるので、まずは自分でデータを更新したい時だけ計算されるように作成するからです。またよく質問されるインザマネーのオプションの理論価格も計算して表示するようにします。
 
初級者向けよりは少し中級者向けの内容も含まれています。しかしこのく
らいの内容ができればあとは自分でネット検索などを利用して勉強することで、自分なりのオリジナルなシートを作成することもできるようになると思っています。
 
Mac をお使いの方へ
 
本講座ではWindows を前提にしています。ただエクセルの基本的な機能
はWindows もMac も同じです。もしMac パソコンをお使いの場合は適時
Mac パソコンに置き換えて進めてください。私自身はMac を使っていませんのでMac の細かいところはわからないですが、一応Skype などで画面を見ながらであればある程度のアドバイスはできると思います。
 
楽天RSS と岡三RSS について
 
この講座では、口座開設すれば無料で使える楽天RSS を使います。岡三
RSS をお使いの方もいらっしゃると思います。岡三RSS を使いたい場合は、RSS の式の部分を適時読み替えてレッスンを進めてください。
 
メール質問について
 
質問については、メールでの問い合わせは期限はありません。いつでも気軽にメールしてください。返信はなるべく早く対応するつもりです。
お答えできる範囲で回答しますので、とりあえずどんな質問でもメールしていただければと思います。ただしエクセル講座についての質問受付なので、現在のマーケットの見方、オプションの金融工学的な知識など、は質問されてもお答えできない場合もあります。お答えできない質問の場合には、その旨を返信いたします。
 
Skypeについて
 
Skype による質問、サポートは4か月間です。エクセル講座という内容
なので、お互いのパソコン画面を共有して実際の様子を見ることのできるSkype の方がより細かいアドバイスができます。Skype での相談の際は、事前に質問内容をメールしていただけるとスムーズに質問に答えることができると思いますので、よろしくお願いします。